前へ
次へ

肩こりのエクササイズに挑戦しました

長年、肩こりに悩んでいました。そこで以前から興味のあったマッサージに行ってきました。とても気持ちよかったです。しかし一度行っただけでは肩こりは、なかなか治りません。そんなに何回もマッサージに通うのは費用の事を考えると出来ません。そこでインターネットで色々と検索してみると肩こりを治すエクササイズや姿勢などが見つかりました。早速試してみると姿勢を直すだけで肩こりの痛みが減少したような気がします。元々、姿勢が悪かったのですが何をしても姿勢は直りません。でも自分の姿勢を見直し正しい姿勢に修正するだけで痛みが減少したのは、とても嬉しいです。続いてエクササイズにも挑戦しました。こちらもとても簡単です。短時間で出来るエクササイズなので長続きしそうです。他にも葛根湯で身体を温める事も、とても効果的でした。でも一番効果的だったのは、やはり姿勢を直した事です。今まで猫背だった姿勢を直したことで腰痛や首の痛みも軽減しました。長年の痛みから解放されて、とても嬉しいです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

眼精疲労とセットになりやすい肩こりへの対策

仕事で1日を通してパソコンを使い、プライベートではスマートフォンにくぎ付け、そんな毎日を送る現代人にとって、眼精疲労は悩みのためです。目に疲れを感じると同時に肩こりも生じるというケースは少なくなく、酷使した目の影響で肩の筋肉まで緊張をして凝ってしまうことがあります。目にも周辺にも筋肉があって、眼精疲労を感じている時に負担は大きくなっていますが、首から肩にかけての筋肉まで一緒に凝るため厄介です。同じ姿勢で長い時間パソコン作業をすると、首回り及び方周辺の筋肉はずっと緊張状態になるので、血液の巡りも悪くなってしまいます。こうした肩こりと眼精疲労がセットで起きてしまうことを予防するためにも、できるだけ正しい姿勢を保つことが大切です。椅子に座る際には浅くではなく深く腰掛けること、背筋は猫背ではなくまっすぐに伸ばすようにします。パソコンのモニターの位置、もっというと机の位置も大事であり、肩や目にはモニターが高すぎると負担がかかるので、高さに関しては調整をすることです。

Page Top